忍者ブログ
ゑずトリア研究所では、所長にツバをつけられた優秀な研究員たちが、週休5日制で熱意だけを持たされ研究に取り組んでいます。 離職率の高い当研究所が、やりがいとやるせなさに満ちた活動を通して、スッキリとしたタメ息の出せる時間を5秒ほどご提供できておりましたらコレ幸いでございます。
ジャンル別レポート
各カテゴリについて深く掘り下げて研究した結果をまとめています
性懲りもなく現在なお更新中です
代表者身上書
秘密結社風情報公開方式
代表者:
千徒馬丁
結成年数:
7
メンバー数:
非公開
結成:
2010/05/08
事業内容:
隙間活動
本拠地:
E135°24' N34°47'
他言無用:
Code Name(ID)無き者の一切の隙間活動を認めません
要するにアヤシげな内容です
お知らせ
研究員募集のお知らせです
下のボタンが
見えている間に
ダブルクリック
できるかな


今!


タイミングを合わせて求人サイトへ飛んで行こう!ゑずトリア研究員ビジュアル部門の専門スタッフ[3LDK]による絵心講座を不定期に開催中♪
気になる樹
大きくなれよ~
グリムスの樹は 完全体になると 本当に森の中に 樹が植えられる エコパーツです
チラ見おやぢ
ブログ内にちょいちょい見切れるおやぢを ドラッグで引っ張り出せ!
右端まで連れていけっっっ!!!
研究員の遊び場
ゑずトリア研究所の研究員によるオアソビ
魔が差してオンマウス
研究所内検索
キーワードを入れて           研究所内の秘密を探りましょう
オススメキーワード           【最近の若いモンは】
ボンブー連メンバー登録
★メンバー特典★ 【ボンブー連赤紙】という件名で盆踊り日程詳細が記されたデジタル召集令状がご登録のメールアドレスに無差別に届きます
盆踊りが盆にあると思ったら大間違いです
バカおみくじ
バカを極めた粋人にのみ この極意がわかる 酔狂おみくじ
結果
説明
(c) kihiro
わからなくていいから 常識ある人間でいましょう
だるま落とし
じょうずにできるかな?
できたからといって何になるのかな?
お白州であるぞ
市中引きずり回しの刑に処す
ホワイトかビーフかはクリックで選ぶがよろし
電卓
電卓の世界で最もポピュラーなCASIO社製の電卓をモデルとしている電卓のブログパーツです
必要はないでしょうが
恐怖のカウントダウン
前回の人類滅亡カレンダーによる人類滅亡日は 本当のマヤ暦が終わるとされる 2013年3月吉日でしたが 案の定 滅亡には至りませんでした 皆さん 今度こそ心の準備はよろしいでしょうか
上記 滅亡日を過ぎても何も起こらなかった場合は お手数ですが次の滅亡日までお待ちください
webコンテンツ
近未来系アルファポリス市民になりたい御仁は以下のバナーをクリックください
クリックして小さな爆発等が起きましても当方は責任を持ちませんので自己判断にてお願い致します
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『日本製』それはその昔、粗悪品の代名詞でございました。国産の肉や野菜が高価である事実を目の当たりにしている現代っ子には「日本製は高い」という意識が根付いていることでしょう。日本の技術が高く買われ、日本人の器用さが高く買われ、性能が良く値段の安い『日本製』は多くのジャンルで重宝されています。かつての「粗悪品」のイメージを覆し『信頼できる日本製』になったのです。
 ニッポンのジャパン力とは何でしょう?国際的にみれば時にブランドにまでなっている「メイド・イン・ジャパン」なのに、国内でのジャパンはいい加減なことばかりが発覚してしまいます。
 そこで当研究所は、戦後からのジャパン力に着目してみました。平成のジャパ~ン力ではなく、あえて戦後復興期から高度経済成長期にガッツを見せた先人のジャパン力で勝負するのです。そこには物資の乏しさ、創意工夫がありました。便利を作りだす能力は不便の中から育ったものでした。そして何より、地味なコツコツがあったはずなのです。いつの間にかニッポンは華美なひと儲けに現を抜かすようになってしまいました。地味にコツコツと努力することをよしとしなくなって久しい平成の昨今では、なんでもコンピューター処理です。そんな現代で熱いのは、人間ではなくパソコンの裏とエアコンの室外機なのです。
 当研究所は、地味にコツコツとはどういうことなのか、熱いとはどうゆう人間のことをいうのか、それを額面通りに平成っ子に訴えてゆきたいと考えております。ですからの手作業、ですからの隙間活動です。そしていついかなる時でもその内容は熱い!のです。暑苦しいほどに。DSC09234.JPG
地味なコツコツで暑苦しいほどの熱い内容
を基本理念に掲げている当研究所では、地味の限度を若干こえた白紙製本をまずは行います。再利用紙を使用しますが、その紙の種類には規定がありません。
紙の質やページ枚数、大きさ等々その時々で様々ですが、これは色々の恋々な再利用に至った経緯によるもので、「捨てる」ということを思い切れなかったからこその、産み出された創意工夫であると主張しておきます。そうこれが、ジャパン力です。
DSC09239.JPG合言葉は「モッタイナ~イ」DSC09242.JPG




3号ホチキスによるジョイント製本(針が手元にないという不測の事態が発生した際には和綴を採用)で、市販されている製本テープや、何かに使った余りの布テープを使用して仕上げます。



DSC09240.JPG表紙や製造元表示のステッカーは当研究所の文明の利器パーソナルコンピューターで作っています。使っている機械がハイテクノロジーではありますが、やっている作業自体が地味にコツコツの繰り返しであるために、このステッカーを完成させるのに約一週間を要します。
 再利用紙は主にページとして使用します。用無しになったカレンダーをリユースした場合なら、紙質は上等なのに片側しか文字が書いていないページで構成される本となります。
 使い切れずに余ったさんすうノートの最後のほうや殴り書きの芸術が爆発した勢いでトばして抜けたらくがきちょうの途中のページなども当研究所はリユースしています。


人畜に無害なばかりか地球にまでおやさしいこの再利用紙使用のフリーペーパー『有料』は、ローコスト・ノンストレス・ノットフォーセールにシュガーレスと、とにかく省エネルギーですが手間だけが唯一、膨大にかかっています。
DSC09318.JPG真っ先に省けるはずである手間をかけている理由は、無駄ともとれるこの手間を惜しまない作業こそが、ジャパン力の源だからです。
 国産であるということ。それは悲しいかな必ずしも安心であることと直結しているわけではございません。高価であることを、国民が安心・安全の判断材料にするわけではないということなのです。DSC09243.JPG

日本人の思う「国産」と外国人のみた「メイド・イン・ジャパン」との間に、少しばかりのズレを感じないでしょうか。
 無駄を省いてきた我々日本人は、便利で合理的な生活とひきかえに、暇潰しの方法を忘れました。潰すべき暇がなくなり、暇潰しの方法を探る必要はなくなったのです。暇を潰そうとしなくても旅行会社が旅行のプランを考えてくれています。

このように楽しむプランまで自分で考えなくてもよい時代ですから、当研究所が地味にコツコツと熱くフザけたからといって、日常が変わるということはございません。同じ明日がやって来るのでしょう。万に一つ変わる何かあるとするなら、それはあなたかもしれませんね。それならば我々は言わねばなりません。…ご愁傷様と。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © ゑずトリア研究所 All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]